校歌・応援歌紹介

校歌

一、春の武蔵野あけそめて
  黎明告ぐる鳥の声
  ふりにし松の語るもと
  我が成城に栄光(はえ)あれや
  栄光あれや

二、都のどよみよそにして
  友とえらびしこの自然
  なれの黙示を胸にして
  内なるものを培わん
  いざやいざ

三、秋の芙蓉のにおうこと
  時空の上にそそり立つ
  ことわりこそは一すじに
  我がとこしえの命なれ
  命なれ

四、高くかかげし全人の
  旗色しるく理想へと
  学びの道に進みゆく
  我が成城に栄光あれや
  栄光あれや

第一応援歌

一、輝ける太陽のもと武蔵野の
  自然の中に鍛えたる
  我等が力いざためさん
  若さあふるる血潮には
  まことに熱き心あり
  フレーフレー成城 フレーフレー成城
  我等が成城 輝く成城
  成城 成城 成城

二、降り注ぐ太陽のもと散々と
  我等が腕に照りはえる
  我等が力いざためさん
  若さあふるる血潮には
  まことに熱き心あり
  フレーフレー成城 フレーフレー成城
  我等が成城 輝く成城
  成城 成城 成城


第二応援歌

一、永劫(えいごう)の火は高らかに
  我等が胸に燃え盛る
  見よ燦(さん)たる覇権を目指して
  雄々しく立ちたる健児の英姿
  いざ行け若者逞しく

二、黒潮万里轟けば
  我等が血潮燃えたぎる
  見よ今輝く勝利を目指して
  凛々(りり)しき闘士ぞ五体に満つる
  いざ行け若者逞しく

三、歴史の炎託されし
  我等が胸は歓喜のみ
  ああ今富士ヶ嶺雲晴れ渡りて
  精鋭我等が雄図をたたう
  いざ行け若者誇らかに


第三応援歌

一、玲瓏(れいろう)曇りなき男児の胸宇
  富嶽の精をさながらに
  久遠の理想影清く
  見よ今尚武の覇権を目指して
  ああ戦いの時至る

二、剛健たわみなき男児の風姿
  臥龍(がろう)の飛躍さながらに
  虹霓(こうげい)の意気天を突き
  見よ今母校の名誉を担いで
  ああ戦いの時至る

三、堂々比(たぐ)ひなき男児の勝利
  紫蘭の薫りさながらに
  至純(しじゅん)の正気敵を壓(あっ)し
  見よ今栄えある桂冠かざして
  ああ戦いに我勝てり
  ああ戦いに我勝てり


ファイティング マーチ

一、熱き闘志にチャンス到来
  倒せ進めこの時
  無敵の成城

二、燃える勇気と我らの絆
  倒せ進めこの時
  勝つぞ勝つぞ成城

三、勝利の女神ここに微笑む
  倒せ進めこの時
  頑張れ成城

永劫の炎

 

豪傑果敢な学生の
その意気たるや他になく
若き血潮をたぎらせて
さえぎる堅塁打ち砕け
勝利を誓いし朋友と
いざ突き進め成城健児

成城数え歌

一、ひとつとせ人に知られし成城の
  質実剛健数え歌
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

二、ふたつとせ二親泣かせてなるものか
  末は博士か大臣か
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

三、みっつとせ見せてやりたいこの俺の
  成城健児の生の良さ
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

四、よっつとせ世に吹く風は乱れても
  天下の成城そそり立つ
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

五、いつつとせいつか世に出て成城の
  熱い心を示そうぜ
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

六、むっつとせ虚しい心の奥底に
  秘めたる人はただひとり
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

七、ななつとせ泣いてたまるかいつまでも
  成績表などくそくらえ
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

八、やっつとせ優しい心もないじゃなし
  成城の御庭に花が咲く
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

九、ここのつとせ腰に下げたる手拭いは
  魔除け虫除けおんなよせ
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね ソレ

十、おわりとせ尾張名古屋は城でもつ
  天下の成城おれでもつ
  そいつは剛気だねそいつは剛気だね オー


まず一献

作詞:西沢 爽
作曲:船村 徹

一、男の酒のうれしさは
  たちまちかよう意気と熱
  人生山河嶮しくも
  君杯をあげたまえ
  いざわが友よまず一献

二、秋月影を掬もよし
  春散る花に酔うもよし
  あわれを知るは英雄ぞ
  君杯をあげたまえ
  いざわが友よまず一献

三、美人の酌に酔えばとて
  今宵は今宵なにかいう
  男は明日に生きるもの
  君杯をあげたまえ
  いざわが友よまず一献


寮歌 瀛州離歌

一、多摩のせせらぎ滾々と
  往きて帰らぬ泡沫の
  消ゆる名残を悼みてや
  世をしぬびなく葦間風

二、薄紅の夢の花
  舞美わしきハイデルに
  芽吹きそめにし恋心
  椿の如く燃えにしを

三、都を遠み月細く
  星朔風にまたゝきし
  千葉の葛野の茅屋に
  仮寝の夢は結びしよ

四、瀛州の宴仙人が
  ひとみ遙かに見さくれば
  今宵別離の感傷に
  泣けとの如く月冴ゆる

五、嗚呼さらば行けいとし友
  多摩の川辺の歌声は
  喜多見ヶ丘をおりて行く
  君を祈らん末遠く
  〈ツバイ!〉君を祈らん末遠く